ブログ

トラクターの死亡事故

5月4日の日に、東区志賀島の農道で高齢者(77歳)のトラクターによる死亡事故が発生しました。(ご冥福をお祈りいたします。)
新聞によると近所の農業者で、トラクターの下敷きになっているのを見つかったそうですが、以前にも書きましたように(24年3月31日 農作業中の事故)、5月、6月の事故はどうしても多くなりますので気をつけて戴きたいと思います。
宮崎県では農作業事故を無くそうと、宮崎県農作業安全推進協議会が先ごろ発足し効果を上げているそうですし、茨城県消防本部は、搬送した農作業事故の状況をまとめています。それによると、農機など外因性の事故で救急搬送された人のうち死亡率は4.5%で、農作業事故が重篤状態に繋がりやすい事を示しています。(全国の消防本部が救急搬送した死亡率の3倍です。)

死亡率が高いのは、単独で農作業をしていた時の事故が多く、発見が遅れることが多いからですが、それを無くす為にも携帯電話の携行、単独での農作業を避けるなど気をつけてほしいものです。

コメント

コメントは2件です。

  1. さかざき のコメント:

    読みました。しかしコメントするにも、何だかドキドキで,何も面白いことが浮かんできません。。。

    • 髙原伸二 のコメント:

      ありがとうございます。
      私もヒヤッとする事は1年に2回位ですが、「ヤッテモタ」と思うことは2~3年に1回はあります。
      年とともに怖くなってきていますが、頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コメントフィードボタン