ブログ

古賀市における特定用途制限地域の指定


特定用途制限地域の指定に関する説明会が、終了しました。
地元区長説明会       4月9日(月)5月8日(火)
地元説明会(8行政区)  5月16日(水)~5月30日(水)参加:延べ197人
ご意見募集         5月16日(水)~6月14日(木)

特定用途制限地域とは
良好な住環境の形成または保持を図るため都市計画区域外の準都市計画区域において、制限すべき特定の建築物の用途を定める制度をいいます。
“区域”と制限すべき特定の建築物等の用途の“概要”は、都市計画で決定し
“制限すべき特定の建築物等の用途”は、市条例で定めるとしています。
※市役所に行けば、詳しく書かれたものがあります。

前回も今回も農業者の事になりましたが、ここ数年の間に農業者は大変な事になりそうです。
前回のブログで書けば良かったのですが、「古賀市の農業振興地域整備計画の全体見直し」は、平成25年度に実施される予定です。

では今年度(平成24年)は何があるか?、
基礎調査です。調査項目は、農用地等の面積・土地利用・農業就業人口・人口規模・農業生産等に関する調査です。これに基づき
6月   動態調査(古賀市の現状についてデータ収集)
9月   市の方針決定
10月 集落説明会(農家意向アンケート)開始
12月 農家意向アンケート回収→集計
3月   基礎資料作成

この結果を踏まえて、平成25年度に実施予定です。
この「農用地指定」に比べれば、「特定用途制限地域の指定」は、まだましな「指定」だと私は思います。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィードボタン