ブログ

古賀市農業振興地域整備計画 説明会予定


私の一般質問で、古賀市内に集団的農地(第一種農地)は何箇所存在するか?の質問をしました。・・・・・執行部より、14箇所との答あり。

【14箇所の内訳】(農業委員会調べ)
1)莚内・久保       68.9ha(青地51.0ha 白地17.9ha)
2)久保・庄・新原     47.8ha(青地31.8ha 白地16ha)
3)莚内・久保       93.4ha(青地64.3ha 白地29.1ha)
4)新原          44.2ha(青地32.0ha 白地12.2ha)
5)今在家         35.3ha(青地25.2ha 白地10.1ha)
6)青柳・青柳町・川原   22.0ha(青地13.7ha 白地8.3ha)
7)青柳町・川原      26.8ha(青地0ha 白地26.8ha)
8)青柳・小竹       133.3ha(青地60.1ha 白地73.2ha)
9)青柳町         20.4ha(青地14.8ha 白地5.6ha)
10)薬王寺・小山田     79.1ha(青地56.3ha 白地22.8ha)
11)米多比         31.9ha(青地18.3ha 白地13.6ha)
12)薦野・米多比      110.2ha(青地78.1ha 白地32.1ha)
13)莚打・薬王寺      15.4ha(青地14.6ha 白地0.8ha)
14)谷山          12.2ha(青地4.2ha 白地8.0ha)

上記14箇所の農地総面積は、約740haです。
740haの内訳  農用地(青地:約470ha) 農用地以外(白地:約270ha)

次の質問で、農用地以外の270haを農用地指定するのか?と聞きましたら
市は、「白地の約270haに農用地の指定をしたい」と答えました。

一般質問の前文で述べましたが、国は現状(平成21年の農用地407万ha)の約2㌫増の415万haを目標としています。
古賀市の農用地は約470haです、国に当てはめると9.4ha=約10ha増の480haでいいはずですが市は、「白地の約270haに農用地の指定をしたい」と答えています。

今年の10月頃に「古賀市農業振興地域整備計画」の説明会が開かれますので、皆さんの意向を汲み取って頂けるようぜひ参加してしてください。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィードボタン