ブログ

宗像市議会 議会報告会 見学記

5月23日(木)
19:00 宗像市議会議会報告会
5月21日、22日、23日と宗像市で【議員と語ろう!】と題した議会報告会が開かれると言うので、23日の会場【玄海地区コミニュティーセンター】へ見学に行ってきました。

19:00 開始ギリギリの2分前に会場に到着すると、議員は吉田議長を始め、司会の杉下議員、班長の植木議員、副班長の小田議員、吉田議員、森田議員、福田議員の合計7名の議員が待機され、70名以上の参加者を迎えていました。
定刻になり開会の挨拶の中で「今までは、一方的に議員が議会報告を一時間以上しゃべるだけだったが、今回はテーマを決めての懇談会方式にしました。」と今回のテーマの説明をして、平成25年第1回(3月)定例会の報告が始まりました。

※ 第1回(3月)定例会の報告【平成25年度予算について】
※ 市民懇談会【これからのまちづくり】
・地域の高齢化に伴う課題と対策について
・子育て及び教育に関する課題と対策について
・産業振興に関する課題と対策について
・議会に対する意見、要望について
・その他

今回の議会報告は【平成25年度予算について】でしたが「説明は10分ほどで終わり、残り20:50 までは全部質疑に回します。」の言葉通り、19:15 からすべて質疑応答になりました。
内容は、
道の駅について 2件   調整区域の問題  1件   私道の問題  2件
IT化について 2件   環境衛生問題   1件   海の家宗像  1件
神湊について  1件   介護・子育て者  1件   地場産業   1件
身障者の問題  1件   憲法改正について 1件   地産地消   1件
選挙後の活動  2件   低投票率について 1件   松くい虫防除 1件
ゆうゆうぷらざ 1件  宗像市発展に関して 1件  報告会について 1件

以上22件の、意見、要望、質問でしたが、同じ人の質問は三名(2回)だけで、それも同じ質問ではなく別の質問をされていました。(15分以上間を空けて)
よくある、同じ人が同じ質問を何度も繰り返すパターンは皆無で、質問慣れしたセンスある内容に思われました。(見ていて気持ちよかった)

予定を5分残し、20:45 に閉会となりました。

コメント

コメントは4件です。

  1. さかざき のコメント:

    古賀市でも同じような(質疑応答がメインの)報告会を開催してもらえたらイイと思います。

    • 髙原伸二 のコメント:

      全国色々な所(市町村)で行っている議会報告会は、最初の内は文字通りの議会報告に徹していたらしいのですが、市民の関心が少なくどんどん参加者が減っていった事を受けて最近では議会報告会の名目で、質疑応答・意見交換・要望の対応、等の対話集会(懇談会)形式が多くなっているように思います。

      議会報告だけならば「議会だより」「市のホームページ」を見ればわかるわけで、実際にはそこまでの過程が面白い(?)のだと思うのですが、報告会では誰がどんな理由で「賛成・反対でした」とは言えない事になっていますし、議員が一方的に決まった事の報告ならば面白くないのは当然と思われます。

      先駆者が色々な方法を試したわけですから、追随するものは成功例を参考にしていくと思われるので、古賀市で開かれる時にはその方向(質疑応答がメイン)で行くと思います。
      (当てにしないで下さい)

  2. さかざき のコメント:

    あてにしてます。
    ガチでみんな(行政も議員も市民も)で議論するシーンを創出できれば良いと思います。
    行政ができないのなら、市民でつくれれば良いと思います。
    そこの準備のための勉強が、(実は無駄になることもたくさんあるんでしょうけど)みんなを鍛えていくんじゃないかと思うんですよね。
    「無関心でもイイもんねー。どうにかなるし。」という市民を増やさないこと、
    「無関心な市民をいっぱいつくっておくと楽だよねー。」という行政にしないこと、
    「マジで勉強して成果を出さないと、来期は落選するかもねー。」という議員の方を育む環境をつくらんとイカンですよね。

    高原さんもがんばってください。僕は相変わらず2票あります。

    • 髙原伸二 のコメント:

      さかざきさんありがとうございます。
      がんばります。
      色んな方法があると思いますが、私の考えはここには書きません。見なくても良い人間が見てたりしますので、また後日ということで!。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コメントフィードボタン