ブログ

日本海海戦107周年記念大会

平成24年5月27日(日)
日本海海戦107周年記念大会が行われると言うので、参加してきました。
箱崎宮での祭典と式典が午前中にあり、その後中央埠頭9号岸壁に移動して洋上追悼式へ参加しました。岸壁には2艦(護衛艦 はるゆき・練習艦 しらゆき)が停泊しており、私は護衛艦 はるゆきに乗艦しました。普段は、折って格納してあるヘリコプター。外に出すと、甲板一杯になります。

14:30になり、洋上追悼式の時間となりました。
艦長による日本海海戦の説明に続き(※1)、両国戦没者への追悼の意を表し献花などがおこなわれました。
一般の人でも献花できるように、たくさんの花が用意されていました。
3発の礼砲が打ち鳴らされました。

二時間ほどの洋上追悼式が終わり、中央埠頭9号岸壁に帰ってきました。
O君ありがとうございます、いい経験をさせていただきました。

※1 (wikipediaより)
日露戦争中に行われた海戦で1905年5月27日に対馬沖にて、日本海軍の連合艦隊(司令長官 東郷平八郎)とロシア海軍の太平洋艦隊「バルチック艦隊」との間で行われた海戦のこと。バルチック艦隊を撃滅し戦力の大半を失わせたが、日本海軍の損失は軽微という海戦史上まれな一方的勝利となった。
(最近では、坂の上の雲「TVドラマ」が有名。)

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コメントフィードボタン