ブログ

旧西鉄宮地岳線跡地

西鉄宮地岳線跡地を、古賀市が買い取ることが決定しました。但し、西鉄古賀駅跡地周辺は売れないとの事で、範囲としては、大根川より福津市との境までの、2.8Km、面積は3万5千㎡です。

古賀市土地開発公社が買収し、それを古賀市が買い取る方法をとるそうです。
平成23年12月20日に買入れの申込みをし、今月19日に正式決定しました。
買い取り価格は、19,800万円。一坪当たり、18,500円位になるそうです。
副市長いわく、整備面は「市民の意見も聴いて」と言っていましたが、
古賀市の最終買収までには、早くて2年掛かると聞いています。

この話は、1月27日の総務委員会、1月30日の第二分科会等で聞いていましたが、1月31日の第一分科会終了までは、誰にも知らせ無い様にとの事で書けませんでした。・・・・・(こんな事が結構あります。)

私は、「この土地の一年間の古賀市に入る税収は?」と聞いてみたのですが、「個人情報保護のため答えられない」と言われました。
答えられないかもしれないけれど、税収があった事は事実です。
収入を切って金を出す、・・・・・Wじゃあないですか。
買い取ることを駄目だと言っているわけではありません。(良い事です)

何の計画も無いのに買収するとは何事か!!」、と私は言いたいのです。
市街化調整区域にするといいながら、何の計画もしていなかった時と同じではないか。現在、[第4次古賀市基本構想]の中でも、税収を増やそう増やそうと
計画しているところなのに・・・・・・・
むしろ西鉄跡地のみ、税金を上げても良かった位(できないけど)です。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コメントフィードボタン