ブログ

素晴らしき「種まきおばさん」大野寿子

1月17日(金)
メイク・ア・ウィッシュ・オブ・ジャパン事務局長 大野 寿子 女史の講演が「ハイネスホテル 久留米」であったので、行ってきました。
「メットライフ アリコ全国代理店会連合会 北九州ブロック」の主催で、私は本来入れない場所でしたが、大野氏本人に頼んで入れてもらいました。

大野さんとは以前より、家族ぐるみのお付き合いをさせて頂いてましたので、活動内容など知っているつもりでしたが、前日我家に泊まって頂いて話をしていたら「3歳の幼稚園児から、小学生、中学生などの 命の授業 もしている」とのことで、話は聞いていても一度も講演を聴いたことがないと思い今回思いついた次第です。

何本かのビデオを見ながら講演が進むにつれ、あちらこちらで鼻水をすする音が聞こえてきます。
○夢をかなえた子供の声
「病気のおかげで、素晴らしい経験をし、みんなに会えた。」
○家族の声
「夢の実現は、ゴールではなくスタート。」

私はというと、目から鼻水があふれそうで大変でした。
上の本は大野さんの書かれた本です。定価1300円ですが、大野さん曰く「今なら古本屋に行けば一円で売っているので是非買ってください」とのことです。
(呼んでもらえれば、次につながるので。)・・・・・是非お願いします。

大野さんのことはPCで調べてください、素晴らしい活動をされています。
古賀市でも、是非一度講演をお願いしたいと思います。

※ メイク・ア・ウィッシュ=英語で「願い事をする」という意味。
1980年にアメリカ合衆国のアリゾナ州で始まった、世界最大の「願いをかなえる」ボランティア団体で、その目的は「難病と闘うこどもが持つ夢の実現の手伝いをすること」である。
現在世界38カ国、30万人の子供の夢をかなえています。

※ メイク・ア・ウィッシュ・オブ・ジャパン
1992年に沖縄で設立され、1994年に東京に事務所を移転。
現在までに、2195人の子ども達の夢のお手伝いをしています。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コメントフィードボタン