ブログ

総務常任委員会 報告

議会閉会中に付託を受けていた事項について、平成25年4月25日に総務委員会を開催した報告です。(6月4日 議会での報告)

【人事課】から
人事課の課題
1)事務事業評価制度の効率化、効果的な運用方法の検討
2)人事評価制度の処遇反映の実施
3)給与支払い事務の効率化を図る

行政管理係りから組織体制の変更
1)業務を効率的にするため、経営企画課の政策秘書係を「経営企画係」に、広報業務と秘書業務を統合し、広報係を「広報秘書係」に変更。
2)重点プロジェクトに商工業の活性化、企業誘致の促進、観光の活性化があることから、商工政策課「商工振興係」を「商工観光係」に変更。
3)建設課は本格的な地籍調査が開始されることから「地籍調査係」を新設。
4)公共下水道事業は既設管梁更新と水再生センター施設更新や維持管理が主となり、農業集落配水事業も同様の業務になる事から、効率化、適正化を図る為「集落配水係」を廃止し、「下水道係」に統合する。

平成25年4月1日の職員定数は352人。
定数外は任期付短時間職員36人、嘱託職員人60人、臨時職員211人。
派遣人事交流は、
福岡県後期高齢者医療広域連合に1人、九州経済産業局に1人。

【経営企画課】から
サンコスモシャトルバス
平成23年度は市役所・サンコスモ間で、平成24年度はひだまり館まで延長。
利用状況は、1ヵ月当たり約390人、1便当たり0.6人、1人当たりの運行にかかる経費は約1,100円。
※ひだまり館への運行が1年経つが、もう1年運行状況を確認して存続を判断。

西鉄バス補助金
運行経費は運転手6人分の人件費3,339万4,000円、燃料油脂費は997万円、中型バス6台分の減価償却費とリース代で231万8,000円。
一般管理費、施設使用料、保険料、修繕費等その他の管理費2,796万7,000円で経費合計7,364万9,000円   運賃収入3,931万5,000円(見込み)
差額分3,433万4,000円が古賀市から西鉄バスへ補助。


西鉄宮地岳線跡地の古賀ゴルフ場所有の土地を、歩道確保の為分けて欲しいと願っていたが、無償で土地を分けてもらえることになった。

【総務課】から
総務係から、災害対策の強化として
1)古賀市地域防災計画原子力災害対策編の作成
2)業務継続計画作成に向けて研究等
3)自主防災組織の設立への支援等
4)海抜表示の実施
・・・・・・・等に取り組む。
a 市民なんでも相談件数総数451件(前年度比△196件)
b 市政相談、目安箱の集計は年間65件
c 古賀市無料法律相談紹介状の交付総数は234件(前年度比11件増)


※防災講演会を10月16日19時から、釜石の奇跡で有名な群馬大学の片田教授を招き予定。11月に、津波を想定した地域防災訓練を古賀西校区で実施予定。
放射能測定結果は市内16箇所で13回、放射線量の測定を実施。(市のホームページで公表)


【地域コミュニティ室】から
自治基本条例を、今年度より2ヵ年かけて策定の計画で、平成25年度は先進地視察など調査研究を行い、市民の意見を聞きながら条例化に取り組む。


【財政課】から
管財係より、PCBはドラム缶で7本保管中。
平成13年PCB廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法により、21年7月に北九州市にPCB処理施設が整備された。古賀市が所有するPCB廃棄物は、PCB処理施設 JESCO北九州事業所へ登録し、処理の順番待ちの状況。
去年の総務委員会視察時の写真です。


PCBの毒性について(JESCOより)
脂肪に溶けやすいという性質から、慢性的な摂取により体内に徐々に蓄積し、様々な症状を引き起こすことが報告されています。



PCBが大きくとりあげられる契機となった事件として、カネミ油症事件があります。この事件は、米ぬか油(ライスオイル)中に、脱臭工程の熱媒体として用 いられたPCB等が混入したことが原因で、昭和43年10月、西日本を中心に広域にわたって、米ぬか油による食中毒が発生しました。当時の患者数は約1万 3千名に上ったと言われています。
一般にPCBによる中毒症状として、目やに、爪や口腔粘膜の色素沈着などから始まり、ついで、座瘡様皮疹(塩素ニキビ)、爪の変形、まぶたや関節のはれなどが報告されています。

コメント

コメントは2件です。

  1. 角沖雄二 のコメント:

    西鉄への赤字補助3千4百万円ですか?毎年増えていますよね。赤字補助を最初に出す前に、市議会の特別委員会が市民に補助を出さないとバスが無くなってしまいますと言い訳めいた説明会?意見を聞く会?を開いていました。その後、活動報告を聞いた事ないですが、特別委員会はなくなったのでしょうか?
    同じ赤字でも利用者の多い新宮町のコミュニティーバス、利用者が極めて少ない古賀市のバス、市議の皆さんは疑問を感じられないのでしょうか?
    シャトルバス市役所からサンコスモまで1人 1,100円、西鉄バス赤字34,000,000円このお金を使って、市民が望むバス運行できないのでしょうか?

    • 髙原 伸二 のコメント:

      角沖さん 今頃で申し訳ありません、今なら誰も見ていないかなと思い。
      1)言い訳めいた説明会?意見を聞く会?
      考えるまでも無く、あります。(そうとしか考えられません。)
      2)特別委員会はなくなったのでしょうか?
      私が市議になる前のことだと思いますが、当然ありません!
      (噂で聞いたことがありますが)。
      議会基本条例の特別委員会が2年間でしたが、これも長い部類だと思います。(間違ってたら、ゴメンなさい)
      3)市議の皆さんは疑問を感じられないのでしょうか?
      感じてるんじゃないでしょうか?
      (で、何をしているか?ですが)
      4)市民が望むバス運行できないのでしょうか?
      市民が望むことが、難しい所ですから。

      と、言ってたら私は何の為の議員なの?。て、ことになるので勉強します。何とか方法があるはずですから、新宮にできて古賀ができないのは恥ずかしい。
      (良くなるのであれば、まねでもいいと思っていますし)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コメントフィードボタン