ブログ

講演

[議会基本条例の制定について]の講演が、昨日市役所でありました。
講師には、元、札幌市役所職員で現在、
九州大学大学院法学研究院 准教授 田中孝男 氏で、
1)議会基本条例とは何か
2)議会基本条例は必要か
3)議会基本条例の内容に関する重要なポイント
4)議会基本条例の制定過程・制定手続などに関する重要なポイント

について、「長所・短所の両面を説明したい」から始まった講演で「議会基本条例を検討していて逆に条例化しないことを選択した議会がある」など本当に、条例が良いのかよく考えるべきこと、といった内容には驚きで、私としては「すぐにしなさい、早くしなさい、遅れますよ」といったことを言われると思っていましたので意外でした。

ただ、「条例が先か、議会改革が先か」「そこまでの過程(突き詰めた話し合い)が大事なんだ」と言われたのが、印象に残っています。

※今年度中には「300以上の自治体で制定されそう」とも言われてました。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コメントフィードボタン