ブログ

長崎市役所(議会)視察

4月17日(水)
08:50 長崎市役所(議会)視察
18日の大分市視察との二市の視察に合わせ、古賀市議を二つに分け事務局(2名)を含め12名で長崎市へといってきました。
お昼に到着し、長崎市役所から10分程の「ちゃんぽん」発祥の店「中華料理店 四海櫻」で昼食を済ませ30分ほど近所を散策し、13:30から始まる視察地長崎市へと向かいました。
長崎市議会事務局 調査課の4名に迎えられ、議会棟へと案内されました。
長崎市議会基本条例の成り立ち
1)平成20年6月13日 議長の諮問機関「議会制度改革推進会議」設置を決定。
2)「議会基本条例等の制定に向けての検討」が、推進会議において検討・協議なされる。
3)平成21年3月15日 議会制度改革推進会議座長から、「議会基本条例制定にあたり、調査期間を設置して検討の必要あり」の答申が議長宛にあり。
4)平成21年8月3日 9月定例会最終日に「議会基本条例検討特別委員会」を設置する事を決定。

※議会基本条例検討特別委員会は、議員49名(当時の定数、現在は40名)の中から13名を選び構成。
しかしながら、現在の議員定数40名の中に13名中4名しか残っていない。
長崎議会事務局 調査課の説明
・先進都市のいいとこ取りの作り方、であった。
・市民との意見交換会は、議員個人個人で行っているので必要ないのではの意見あり。
・政策討論会は、一人が試みたが「長崎市議会基本条例運用指針」を検討後取りやめ。
・政策条例の立案は、今のところまだ出来ていない。
・議員間討議については、委員会でのみ。(本会議ではまだ無理との判断)

とは、言いながらも「長崎市議会基本条例は、議員の拠り所となっている為、もう暫くすればいい運用が出来ていきそうである。」と締めくくられていました。

※「公務の為」と言う事で、議員が一人も来られなかったのが残念でした。
当事者である、議員の方の意見を聴いてみたかったのですが・・・・。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コメントフィードボタン