アーカイブ

»

2012年02月の記事

久し振りです

一週間以上のご無沙汰です。
研修から帰ってくると、又、研修と大変な一週間でしたが、今日から三月議会が始まります、市長の施政方針や今年度の予算をきめる議会です。
市長も就任後一年経ち、「積極的に動いていきたい」と言ってましたので、変化のある年になるかも(?)と思っています。

研修レポートや、議会報告なども書かなくてはいけませんので今回は、短くてスミマセンが此処で終わらせてください。

発表会×2

古賀市青少年育成市民会議の、
「平成23年度少年少女の主張作文集、優秀・入選作品」の表彰並びに、発表会がリーパスプラザ2階会議室にて行われていましたので出席してきました。

古賀市青少年育成市民会議では、平成16年度より、小学校6年生から中学校2年生までの、子ども達を対象に、日常生活の中での思いや、感動を、自分自身の言葉で表現する、主張作文を募集しています。本年度は、326編の作品の中から、優秀作品10編、入選作品36編を選び、作文集を発行しました。

この作文集の中から、小学生2編、中学生2編の作品が発表されました。
終了後、外に出てみると、衣装をつけた子ども達が走り回っているので、何事かと思い、ホールを覗いてみました。
どこかの、幼稚園か、保育園かはわかりませんが、こちらも子ども達の発表会で、両親・祖父母で一杯でした。
20分ばかり見て、「ほのぼのとした気分」で気持ちよく帰宅しました。

午後より、後援会事務所へ事務机、テーブル、冷蔵庫、冷暖房機、その他、多数を総勢7名(監督1名)で搬入しました。雪の降る中お手伝いの方々、本当にありがとうございました。・・・・・カッコウがつくのも、もう少しです。

玄海環境組合議会

玄海環境組合議会の、平成24年度第1回定例会が、市役所第1委員会室でありました。

第1号議案(23年度決算)、第2号議案(24年度予算)の審議のあと全員一致で可決となりました。
古賀清掃工場の莚内への協力金に対する提訴について、莚内への協力金協定は、旧福間町の、池浦町長が玄海環境組合長時代の協定であった事、など知らないことがありました。

その後の一般質問は、
1、田村 征司議員(新宮町議)
① 古賀清掃工場におけるトラブル発生と火災対策について

2、飯尾 助広議員(古賀市議)
① 豊橋市資源化センターへの視察の目的と成果は
② ゴミ搬入量の推移と創業率
③ トラブル発生について
④ 灯油使用負担について
⑤ 今後の計画

3、植木 隆信議員(宗像市議)
① 過去の経験から何を学ぶのか
② 清掃工場の耐用年数について
③ ゴミ処理の将来構想について

以上の順番で行われました。

・豊橋市資源化センターへ視察をしたのだから、組合長として報告書を提出してほしい。
・豊橋市の人口は、38万人。 炉の規模は、550t。 稼働率は、90%以上。
・古賀市の人口は、古賀・福津・新宮合せて、14万人。 炉の規模は、260t。稼働率は、60~70%・・・・・・稼働率の低い原因は?。
・ゴミの搬入量は平成16年をピークに年々減ってはいるが、大型ショッピングセンター(新宮・福津)が出来ると今後増えるであろう。
・トラブルの原因は金属混入がおもである。豊橋市は金属除去システムがついている。
・トラブルの為、機械を止めるのに50万円、再稼動に130万円、位かかる。
・新たなゴミ処理施設の構想は、具体的にはまだきめていない。
・莚内への協力金は、今後も続けてゆく。

以上、順不同であげてみました。次の予定があったもので、2番の飯尾議員が終わると退席しました。聞いていて納得のいかないところが多々ありましたが、傍聴者は発言できませんので、我慢です。今度、飯尾議員と話し合って、私の意見を託したいと思います。

訃報が入りました。
今度、5分団の団長となる「石津君」のお母様が、お亡くなりになりました。
高原の母も、なるみ美容室時代より仲良くして頂いた人でした。
石津君は先日の、新春の集いにも出席してくれていましたが、その時にはもう容態も大変悪く、病院に泊り込んでいたそうです。

本当に、大変申し訳ありませんでした。
お母様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

西鉄ソラリア1Fゼファ

西鉄ソラリアへ行ってきました。
以前書きました、インドネシアのロンボク島への、えんぴつプロジェクト(仮)の写真展が開かれているのでようすを見にです。もう少し写真が大きければとか(大きなお世話)、市長のコメントが短すぎ、とか思いながら見てきました。
此処に来て、始めて見た人が、再度やってきてくれるのを、祈るばかりです。
今日は、写真ばかりになりましたが、全部の写真を載せたい位です。

プロジェクトのリーダー坂崎氏は、ただ品物を配るんではなく、日本の子ども達にこんな世界もある事を知ってもらいたいことや、子ども達同志の交流など、この先を考えているようです。次の準備も出来つつあるようで、成功をお祈りいたします。

市議会議員の仕事

先日の、「新春の集い」においてしゃべったら好評(?)につき。

市会議員の仕事とは?
古賀市では、年に4回の定例議会(3月、6月、9月、12月)と、そのつど必要に応じて開かれる臨時議会とがあります。その中で何をしているのか?。
市長等から提出された、市の仕事・予算についての案(議案)の説明を聞き、質疑し表決するなどの議会活動をします。

①議会の開会→②議案の提出→③議案の説明→④質疑→⑤委員会による審査→
⑥委員会による報告→⑦議決。 この流れで進みます。
委員会=議案の内容により詳しい審査をするために、委員会で専門的で細かい質疑を行い、検討します。

委員会の中には、
常任委員会(総務委員会、市民建産委員会、文教厚生委員会)、
特別委員会(予算特別委員会、決算特別委員会、議会報編集特別委員会)と、
議会運営委員会があります。
これ以外には、そのつど特別委員会が作られます。現在は、議会基本条例等調査特別委員会、第4次古賀市基本構想審査特別委員会などです。
委員会は議会中は勿論それ以外でも開かれています。

議会にしても、委員会でも、誰でも傍聴できますので、見に行ってみるのも面白いと思います。一般質問などは、多数の方が見に来られています。
議会や委員会以外にも、議員連絡会であったり、議会全員協議会、林活議連などもあります。

議会や委員会が開かれていない時は、提出された議案に対しての調べ物だったり、勉強などしています。研修に行くのもそのひとつです。例えば今、古賀市では「インターネットで議会を見れるようにしたら」とかを考えていますが、よその自治体でインターネット配信をしている処があれば、そこに行き、どれほどのメリット、デメリットがあるか?などを調べたりします。

また、事務局や自宅などにいろんな所から、「こんな内容の勉強会を開きますが、参加しませんか?」などの連絡が入りますので、自分が勉強したい内容であれば、そこに参加したりしています。
後は、市民の皆さんより要望いただいた事柄の対応であったりです。

以上、ザックリではありますが、こんな感じです。
(勿論、人によって違いがあるとは思いますが。)