アーカイブ

»

2013年05月の記事

古賀のよか企業 見学ツワー

5月28日(火)
13:30 西部電機 視察
「古賀市内には沢山の素晴らしい企業がある」ということで「ぜひ見学(視察)させてもらいたい。と、西部電機さんにお願いした所、気持ちよく了解して頂きましたので行きますよ」と誘って頂き、私も参加させていただきました。
正門に入る時にユニオンジャック(イギリス国旗)がなびいているのを見つけたので、訊いてみると「イギリスからのお客様が来られている」とのことでした。(訊けば当り前のようですが「やるじゃん!」という気持ち。)
お二人の方にお迎え頂き(専務他)、会議室のような所に案内され会社概要のDVDを15分程見せて頂き、工場の見学へと案内していただきました。

写真撮影は禁止ということで画がないのが残念ですが、コンピューターを使った精密機械で作る製品も「スゴイ」のですが、そんな製品よりも精巧に作り上げる「人の技術」の素晴らしさと言ったら言葉になりません。
(3~4時間でも見ていたかったのですが、そんなことは「御構い無し」さっさと先に進んでしまいます。)・・・・・ザンネン!。

昭和 2年 創業(福岡市博多区博多駅前)
昭和17年 粕屋郡古賀町(現 福岡県古賀市)に電機工場を移転
昭和20年 本店及び工場等の全設備を粕屋郡古賀町に移転
昭和47年 世界初のCNC式ワイヤカット放電加工機開発
昭和51年 高精密小型NC旋盤を開発
昭和58年 世界初のNCリード加工機を開発
平成 3年 大阪証券取引所市場第二部に上場
平成14年 高速仕分け装置開発
平成15年 ピンラック式ゲート開閉機を開発
平成17年 図書館用自動倉庫を開発
平成19年 本社社屋および新工場を新設
平成22年 超精密ワイヤ放電加工機を開発

まだまだ沢山有ったのですが、三分の一にカットしました。(ゴメンなさい!)

※社員の六割が「古賀市民」ということで、古賀市の職員よりも比率が高いのに驚きです。(寮などがあったときは、八割を超えていたらしい。)
他、沢山の良いお話を聞かせていただきました。

西部電機株式会社 様 引き受けていただきありがとうございました。

第13回古賀市文化芸術審議会 傍聴記

5月28日(火)
10:00 第13回古賀市文化芸術審議会
傍聴してきました。
開会の言葉から、会長の挨拶、教育長の挨拶と続きましたが、印象に残ったのは「最終的に市長判断」「行政支援の難しさ」の二件でした。
合計10名の委員の内、欠席が2名で残り8名での審議でした。
議 事
1)古賀市文化芸術振興計画(仮称)案について
2)アクションプラン案について
3)平成25年度の審議日程及び内容について

執行部が作った「案」を各委員が審議するのではなく、委員全員で何度も何度も話し合いを重ねて協議し、自分達で作った「古賀市文化芸術振興計画(案)」を、執行部がまとめ整理した物を審議(チェック)すると言う方法をとっていました。

・短くまとめすぎ、必要な言葉は載せてほしい。
・アクションプラン案について、市民用と委員用の二種類作るべき。
・今日の審議の結果から作り直す。(執行部)

執行部に流されず、各委員とも自分の意見(意志)を持っていて色々な意見が出ていました、黙っている委員は一人もいなく、全員活発に意見を言い合っていました。(傍聴して大変よかったです。)

※委員からは「短い時間の中で、よく此処までまとめて頂いた(執行部が)」との意見が出ていました。

筵内農区 出方(水路清掃)

5月26日(日)
07:00 筵内農区溝さらい(出方)
先週は地元農区、今日は筵内農区の出方でした。
いつもは遅刻気味に到着するのですが、10分前に着き準備を始めます。
草刈り機を背負い、みんなが揃った所で出発しました。
時折、肉離れした(5/12日)右足が痛むのを気にしつつ受け持ち区域に到着、作業を始めます。
(写真に写っているのは、ほんの一部です。)
人数が多いので思った以上に早く1時間掛からずで終了、農区長よりパンとお茶を頂き解散となりました。

宗像市議会 議会報告会 見学記

5月23日(木)
19:00 宗像市議会議会報告会
5月21日、22日、23日と宗像市で【議員と語ろう!】と題した議会報告会が開かれると言うので、23日の会場【玄海地区コミニュティーセンター】へ見学に行ってきました。

19:00 開始ギリギリの2分前に会場に到着すると、議員は吉田議長を始め、司会の杉下議員、班長の植木議員、副班長の小田議員、吉田議員、森田議員、福田議員の合計7名の議員が待機され、70名以上の参加者を迎えていました。
定刻になり開会の挨拶の中で「今までは、一方的に議員が議会報告を一時間以上しゃべるだけだったが、今回はテーマを決めての懇談会方式にしました。」と今回のテーマの説明をして、平成25年第1回(3月)定例会の報告が始まりました。

※ 第1回(3月)定例会の報告【平成25年度予算について】
※ 市民懇談会【これからのまちづくり】
・地域の高齢化に伴う課題と対策について
・子育て及び教育に関する課題と対策について
・産業振興に関する課題と対策について
・議会に対する意見、要望について
・その他

今回の議会報告は【平成25年度予算について】でしたが「説明は10分ほどで終わり、残り20:50 までは全部質疑に回します。」の言葉通り、19:15 からすべて質疑応答になりました。
内容は、
道の駅について 2件   調整区域の問題  1件   私道の問題  2件
IT化について 2件   環境衛生問題   1件   海の家宗像  1件
神湊について  1件   介護・子育て者  1件   地場産業   1件
身障者の問題  1件   憲法改正について 1件   地産地消   1件
選挙後の活動  2件   低投票率について 1件   松くい虫防除 1件
ゆうゆうぷらざ 1件  宗像市発展に関して 1件  報告会について 1件

以上22件の、意見、要望、質問でしたが、同じ人の質問は三名(2回)だけで、それも同じ質問ではなく別の質問をされていました。(15分以上間を空けて)
よくある、同じ人が同じ質問を何度も繰り返すパターンは皆無で、質問慣れしたセンスある内容に思われました。(見ていて気持ちよかった)

予定を5分残し、20:45 に閉会となりました。

平成25年度 第1回古賀市都市計画審議会の開催

5月22日(水)
13:30 都市計画審議会
古賀市役所にて行なわれた、都市計画審議会に出席してきました。
写真は5月14日に郵便で送られてきた、開催の案内文です。
同封されていた参考資料の内容は、下記にまとめています。

審議事項
第1号諮問 古賀都市計画用途地域の変更(古賀市決定)
(日吉地区「西濃運輸跡地」用途地域の変更)・・・・(日吉三丁目の一部)
理 由
この地区は国道495号線沿いで交通アクセスも良く、また近隣にJRししぶ駅も設置された事から、今後益々の発展が期待されています。
また、本市では、平成21年度策定の古賀都市計画マスタープランにおいて、「本地区は長期的な視点から周辺環境と調和した用途地域への変更を検討する」と方針を定めています。今回、良好な住環境の形成を計るため日吉地区(西濃運輸跡地)の用途地域を[工業専用地域]から[第一種住居地域]へ変更するものです。
経緯の概要
知事下協議    平成25年 1月上旬
地元説明会    平成25年 2月12日(参加者 10名
公聴会事前縦覧  平成25年 2月13日~27日(縦覧数 4名・公述人 0名
公聴会       中 止           (0名の為中止
素案作成     平成25年 2月下旬
知事事前協議   平成25年3月4日~4月中旬
計画案の縦覧   平成25年 4月22日~5月10日 (縦覧数0名・公述人 0名)
市都市計画審議会 平成25年 5月22日
知事協議     平成25年 6月上旬~6月下旬
決定告示     平成25年 7月上旬

以上の内容で、全員賛成で決定しました。