アーカイブ

»

2013年07月の記事

農機具展示販売を小倉まで見に行った。

平成25年7月20日(土)
09:00 JAあぐりフェスタ

小倉の西日本展示場で行なわれています、農機具展示販売会場に行ってきました。(大型バスが、何十台と並んでいました)
見ればあれもこれも欲しくなる物ばかりですが、使用頻度の割には高い物ばかりです。結局買ったのは、草刈り機の刃(三枚)、砥器、トラクターの爪、などでした。などと言っても10万円位はゆっくり係るわけで、やっぱり高い!。催しの小倉祇園太鼓も見れ、下の写真の粗品をいただき食事を食べて帰ってきたときには16:00をすぎていました。

告知です! 豊資会グループ「桑の実コンサート」

地元、古賀市駅東2丁目11-1(石村萬盛堂 裏)に、豊資会グループの1つ、住宅型有料老人ホーム「ハイマート 桑の実」が開設して1年が経ちました。
それを記念してこのたびコンサートを開くそうです。「記念して」といっても今回で、9回目の定期コンサートらしいのですが今まで知りませんでした。
日曜日のお昼から(7月21日 14:00)ということで、今までも、これからも、入場無料ということなので皆さんもどうでしょうか?、私も「心(精神)の栄養」のためにも行って見たいと思います。

花鶴校区ふれあい夏祭り 途中からの参加

平成25年7月14日(日)
16:00~20:00 花鶴校区ふれあい夏祭り

朝方のソフトボールの試合の後、夕方まで起きることができませんでした。
本当は、ソフトボール試合後は花鶴ヶ浜公園で行なわれている「ハマボウ祭」(09:30~13:00)に行く予定で「トシトラーズ」のメンバーにもその様に言っていたんですが、試合後(11:30)についウトウトし目が覚めたのは18時前でした。(日頃の運動不足で体がついてこない)

そんな理由で、夏祭り会場の花鶴小学校に着いたのは18時過ぎでした。
どこもいっぱいで大変な盛況です、何を売っていたのか?というと。
ジュース・ソフトクリーム・かき氷・白玉きな粉・綿菓子・たこ焼き・焼きそば・生ビール・缶ビール・ヨーヨー・いなり寿司などが、50円~300円で売り出されていました。(前売り券が2割~5割引きであり、大変お得)
子ども達の考えたゲーム大会や、カラオケ大会などもあり、大いに盛り上がった夏祭りでありましたが、最後の締めくくりは何時もの「玄海古賀太鼓」の演奏で終焉を迎えました。20:00からの後片付けで暗い中ではありましたが、無事事故も無く21:00前に終了し帰路へと向かいました。
(いくつものテントの片づけで、またヘロへロになりましたが)

ソフトボール実年大会 後半戦開始 先発の活躍2点?

平成25年7月14日(日)
08:00 ソフトボール実年大会 後半戦

07:00に会場の小野小学校に到着し、8時より始まる一回戦に向け準備を始めます。
今回、参加者が少ないので先発メンバーとのことですが、50肩が7分の快復で不安が残ります。
(我が「トシトラーズ東」は、黄色のユニホームです)
監督も肩のことを考えてくれたんでしょう、ファーストの守備ということになりまして、経験もないということで試合前にベースを利用しての練習が始まりました(私のみの、特訓?)。
たかが、15~6分でしょうか?、本番は玉がどこに飛んでくるかわからないということで、あっちに走り、こっちに走り、して終了です。

※ 正直に言います。
バカです!この暑さの中!グランドの真中で身長172cm、体重93kgの私が、あっちでバタバタ、こっちでドタドタ、10分以上!!。・・・・死にます!
終った時にはヘロへロです、立ってられません!。・・・それも試合前!。

下の写真にある、三回表のコレカラーズの2点。私のエラーからの献上ですが、いーーんです。・・・・・生きて帰宅できただけで、十分なんです。
(その裏に味方が3点取ってくれてなければ、一回戦敗退ですが)こんな状況で続けての二回戦、心配でしょうが「大丈夫!」見ての通りの結果です。
私が、定位置(ベンチ)を守っていれば心配要りません。

※ 監督も監督だよね~、即、ベンチだもの!。(気持ちはわかるけど!)

楽しい空間でした 「青柳校区通学合宿」!

平成25年7月11日(木)
17:00 青柳校区通学合宿(見学)

なんとなく「そんなことを、やってる」とは聞いていたのですが、初めて見学に行く事ができました。
『勝手に見てください』ということで、先ずは厨房へ。10人以上がガヤガヤと「作業中」です、「調理中」ではなく作業中です。(まちがい・・・ない!)

大きな子が何人かいて、「さすがに6年生になると大きな子がいるな、きちんとエプロンもつけているし」と思いながら写真を撮っていると、ボランティアのお姉さんたちがお手伝い(指導)している所でした。
(「じゃまだなー」と思われたでしょう、スミマセンでした)
こんな感じで5ヵ所、上のタレが「今や遅し」と出番待ち、何になるんでしょうか?。
ピンポーン、正解です、親子丼でした。(この後色々あり、大変でしたが)
タマゴアレルギーの子の為に、玉子を入れないのも作っています。
(こういった事前作業「アレルギーの確認等」が大変な事だと思います)

次に作るのは、野菜炒めです。
こういったメニューは、すべて全部子ども達だけで考えてるそうで(自分たちが食べたい物を作る)最近ではデザートも作るようになったそうです。
私にも『どうぞ』と言っていただき、ご馳走になりました。
味の方はどれも中々に美味しかったです。感心したのはおかずの野菜炒めです、私の体のことを心配してくれたのか薄味(味が無い)でした。
それを伝えると、周りの大人は『今日はそれだけか』と笑っていましたが、毎日大変スリリングな食事をしているんだと想像がつきます。
夕方になるとお風呂に行く為に沢山のボランティアが車で迎えに来ますが、この人たちも子ども達の保護者ではありません。
合宿中は『極力子ども達を保護者とは逢わせないようにと、考えている』子どもが甘えるし、親もベタベタしてしまうからとのことでした。

総勢50人の合宿生活です、男の子の荷物置き場、女の子の荷物置き場、男の子の布団置き場、女の子の布団置き場、遊んでる者、勉強している者、大変ですが大人は一切口を出しません。

大人が何もかもやってしまうと『通学合宿の意味が無い、ここで学ぶことは沢山ある』と、責任者の一人は言います。
また『後半疲れが出てくるころに、色々な問題が起きてくる』とも言い、その時に『じゃー、どうするとやー!』と、子ども達に考えさせると言われました。(そこから、学んだり、経験していくんでしょうね)

ここの子ども達はしあわせだと思います。道に迷ったり、踏み外しそうになると、小さい頃から知っている地元の「おいちゃん、おばちゃん」が、必ず声を掛けて正しい道を教えてくれると思うからです。
(やさしい「おばちゃん」だったり、時には恐い「おいちゃん」だったり)
最近は無くなったと言われますが、此処にはそれがあると思います。

※ 4月からの準備期間、大変な事もたくさんあるみたいですが、世話人の皆さん大変楽しそうでした。

  • Page 1 of 2
  • 1
  • 2
  • >