We are tiny in a big world.

たかはら伸二は福岡県民の声に耳を傾け、民意を大切にする小川県政を支持します。

  • 古賀駅の駅ビル化と線路の高架化で古賀市中心に人が集まる場所を作りたい! 駅を中心に古賀市のまちづくりを考えるといろんな可能性が生まれます。 例えば古賀駅を駅ビル化して高層化し、そこに市役所機能を移転させる。 移転させた市役所の場所は駅前の工場等の移転先として利用し、工場跡地には商業施設を集める 現在、古賀駅周辺はJRを境に東側と西側が遮断されていてせっかくの駅周辺が古賀市の賑わいのために活用されていません。 この事を解消する為には古賀駅を高架構造にし薦野の踏切、峰製作所前の踏切を立体交差化して東口と西口の面整備を行い、一体化する必要があると思います。 同時に駅周辺の工場の移転が出来るよう代替地を計画し、空いた土地に商業施設が出来るように環境の整備を行いたいと思います。

  • がん対策を充実させ、地域包括ケアシステムの構築を進めます。 死亡原因第1位のガンの克服を目指し、検診率の向上およびがん診療連携拠点病院の指定拡充による働きながらのガン治療、就労相談、支援体制の強化を図ります。 同時に小児がん対策の充実、患者家族への支援の充実に努めます。 高齢者になっても住み慣れた地域で自立した生活を最期まで送ることができるよう必要な医療、介護、福祉サービスなどを一体的に提供し、地域のみんなで支え・支えられるまちづくりを進めます。

  • 親子両方にとっての育児しやすい環境を柔軟に整備し、負担の軽減、社会的ストレスの軽減に努め、社会全体で優しくこどもの成長を見守れる環境を実現します。 子供の学習や居場所づくりの支援、放課後児童支援員の育成、確保を進めます。 小さな不安や不満を見逃さず、先回りした施策や援助が大事だと思っています。

  • 電線を地中下して美しく快適なまちをつくる。 快適なまちは美しさを伴います。 電柱や電線を地中化すことで美観を生み出し、災害に対して強いインフラ環境を整えます、加えて歩道の段差解消でバリアフリー化を図り、子供からお年寄りまで誰にでも優しいまちづくりを推進します。

  • 農林産業、地場中小企業のバックアップ 耕作放棄地対策や地域一体となった農業施設の維持保全に取り組みます。 頑張る地元中小企業の技術力や経営能力の強化、販路開拓を支援します。

  • 看護、介護、福祉の人材育成と家族の負担軽減の支援体制の構築 県民のいのちと健康を守るために医療従事者および介護人材の育成確保に努めます。 看護介護は本人のみならず、家族の負担軽減も重要です。 そのための行政による支援体制の構築が必要と考えます。

  • 地域コミュニティと地域力の向上により高齢者見守り体制を充実させます。同時に、認知症患者に対する様々な施策を地域に合わせた形で計画立案し、実施機関との連携を行います。