委員会報告

平成25年度2月4日総務委員会

  • 委員会報告 |
  • 委員会構成

経営企画課
西鉄バスOD調査結果
実施日 昨年 5月16日(木)5月18日(土)5月19日(日)
全体の利用者
平 日=772人(前年比 6.5 %減)
土曜日=519人(前年比 8.3 %減)
日曜日=432人(前年比 2.8 %増)
多角的な面から市の公共交通を考える為「公共交通プロジェクト会議」を、立ち上げる。

4月から12月の利用者=19万3,281人
1人当たり平均経費=236円  1人当たり平均収入=142円  差額=-94円

総務課
避難ビル契約
「サンリブ古賀」の立体駐車場、花見東の「暁の星幼稚園」を一時避難場所として利用協定を締結。(他の施設も順次締結予定)

海抜表示
NTT及び九電と設置に関する覚書を交わし、3月中旬設置完了予定。

自主防災組織の資機材購入補助
自主防災組織36のうち27組織から補助申請有、残組織に申請を促す予定。

古賀市長選挙
平成26年11月23日告示、11月30日投開票と決定。

地域コミュニティ室
防犯灯設置補助金
159件の申請(うち130件はLED防犯灯)

自治基本条例
見識者10人以内、市民20人以内の合計30人以内による「基本条例策定委員会」を設置予定。

人事課
平成 25 年度 職員採用試験合格者数
一般事務 A=9人 B=2人 C=0 D=4人 E=2人  合計17人
の内、辞退者 1人 内定者 16人。

EAP
新規の相談もあった。内容は、職場の人間関係に関するものが最も多く、次いでメンタルヘルス問題の相談が寄せられているが、医療機関等に繋ぐようなケースはなかった。

職員研修
交通事故防止のため、自動車学校での研修などを計画したい。
※ マスコミ等で報道された職員は、2月3日付で懲戒免職処分。

EAPとは
従業員支援プログラム(Employee Assistance Program) - メンタル面から社員を支援するプログラム。近年増えてきた職場の複雑な人間関係などによってかかる、うつ病などを回避させるために企業が外部団体と契約して社員の心の健康をサポートするシステムである。(ウィキペディア)

財政課
財政係
公募型補助金は、20事業(総額603万5,000円)の応募があり、その内15事業(総額482万7,000円)を採択。

情報管理係
サーバーの仮想化技術の導入で、5年間利用で約300万円の費用削減。

委員会構成

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コメントフィードボタン