委員会報告

平成25年3月議会文教厚生委員会 報告

  • 委員会報告 |
  • 委員会構成

文教厚生委員会 報告(3月議会 2月27日)

介護支援課
・高齢化率=前年比1.29ポイント増の21.28%
・要介護、要支援認定者数=前年比114人増の1,851人で認定者率14.34%

福祉課
・災害時要援護者同意者は3,423人、同意率76.6%
・生活保護受給世帯は474世帯で、4月以降ほぼ横ばいの状態。

予防健診課
・特定健診受信率は24.2%で県内51位、60代、70代の受信者の伸びが悪い。
※ 受信率向上に向け平成26年度は、医療機関での自己負担額を集団検診と同額の1,000円に減額。
・がん検診は生活保護、非課税世帯は無料、オプションで前立腺がん、心電図なども受けることが出来るようにした。
・平成24年度の3歳児健診受診率は県内1位、1歳半健診は2位、就学前受診は99.8%と良い評価を受けている。

子育て支援課
・保育所入所者数は定員970名に対し、1,146名で店員充足率は118.14%で昨年同月比48人増で依然として入所希望者は多い。

教育総務課
・仮称古賀市生涯学習センター及び周辺施設整備事業の基本設計が完成。
※ 3階建てで、現研修棟の約1.5倍、床面積約3,800平米、総工費15億円。
平成28年10月頃グランドオープンの予定。

学校教育課
・市内小中学校の不登校児童生徒が、昨年より増加傾向にある。
※ 保護者にスクールソーシャルワーカーが粘り強くかかわり、不登校の2年生14人中10人が修学旅行に参加できた。
・ドリームステージの接遇マナー研修などが、小中をつないだキャリア教育の実践と評価され、教育委員会として文部科学大臣賞を受賞した。
・先生方も教育論文で優秀賞を受賞。

生涯学習推進課
・実行委員会形式による成人式を開催、新成人607人のうち549人が出席、恩師を含め630人の参加があった。
※ かなりの方が途中退席し、実行委員会も悲しんだ。
・第41回成人式駅伝大会は過去最高の65チームがエントリー、8人の新成人を含む527人が参加。

サンフレアこが
・船原古墳遺物埋納抗発掘調査は現在も続行中
※ 金属製品、弓などの遺物の取り上げ作業は11月中旬に完了。
※ 埋納抗周辺の関連遺構の調査は2月中に終了見込みで、埋め戻し工事は3月末に完了予定。
※ 九州歴史資料館での、総個体数200点を超える遺物のエックス線CTスキャナー撮影がまもなく終了予定。※ 来年度は埋納抗に関する企画展のようなものを計画予定。

給食センター
地元農産物の使用状況は、小松菜、水菜、みかん、米などを中心に、昨年度より約1ポイント増の55.1%となった。

委員会構成

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コメントフィードボタン